シェアする

日本代表の懐かしの炎のユニフォームの復刻版が登場!

日本が初のW杯となる1998年フランスW杯に出場してから20年になるのを記念して、当時ユニフォームに使われてた炎をあしらった復刻版のユニフォームが発売される。

2017年は1997年に日本代表がフランス・ワールドカップ出場を決めてから20周年の節目。アディダス社はこれを記念し、当時の日本代表ユニフォームを現代的な解釈で新たにリニューアルした“FIFAワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム”を2017年5月1日から2万枚限定で発売する。

[GOAL.com] 日本代表ユニ、伝説の“炎モデル”が復活!W杯出場20周年を記念し復刻版発売

袖に不動明王の炎をイメージしたデザインのユニフォームはW杯出場を決める1996年から使われ、デザインが若干変更担った後1999年まで使われていた。

当時はadidas、PUMA、ASICSの3社がローテーションでユニフォームを提供したのも、昔ならではといったところだろうか。そうした権利の問題からか完全な復刻版ではなく、「よだれかけ」と揶揄された首元のデザインが入ったりと所々adidas色を入れているのがいじらしい(笑)

今回の復刻版はadidasショップでの限定発売のみで、残念ながら日本代表で実際に使用される予定は今のところないようだ。

ユニフォームは5/1発売、2万着限定とのことなので、気になる方はお早めに。

サッカー日本代表ユニフォーム |アディダス オンラインショップ -adidas 公式サイト-