シェアする

2030年W杯は日本・中国・韓国・北朝鮮の4ヶ国で共同開催へ!?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、訪韓中の国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長とソウルの大統領府で面談し、2030年のサッカー・ワールドカップ(W杯)について、北朝鮮を含め、韓国と日本、中国の4カ国による共同開催を提案した。聯合ニュースが伝えた。

[サンスポ]「北朝鮮含め日中韓4カ国で共同開催を」 韓国大統領、2030年大会でFIFA会長に提案

http://www.sanspo.com/soccer/news/20170612/sci17061220390004-n1.html

以前に、韓国サッカー協会の鄭夢奎会長が4ヶ国共同開催を提案していましたが、韓国大統領も乗り気なようです。

しかし、日本サッカー協会はこの案には否定的で単独開催を目指す予定ですし、おそらく中国も開催招致するのであれば単独開催を希望するでしょう。

韓国の思惑としては、会場設営や設備などで多額の費用がかかるW杯の単独開催は厳しく、日本や中国と共催にすることで韓国でのW杯開催をより実現可能なものとし、また、開催の旗印として北朝鮮も含めた4ヶ国での提案していると思われます。

しかし、日本はW杯単独開催は悲願ですし、中国も国力は十分ですし、国威発揚の場としてW杯を考えるでしょうから共同開催案に乗るとは思えません。

共同開催案をFIFAに提案するのであれば少なくとも共同開催国の同意を得てからしてほしいものですが、同意を得られないことを韓国もわかっていての交渉の一手なのでしょう。

日本(そして中国も)の単独開催招致に水を差さないといいのですが。