Jリーグ初!8日の川崎vs甲府戦の試合をドローンで中継

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

代表GKの西川(浦和)と林(FC東京)の2人が対戦する第7節(4/16)の試合の中継で、NHK BS102chがゴールキーパー専用カメラが導入するのに続き、ドローンによる中継も実施されることに。

J1は7日に2試合、8日に7試合が行われる。8日の川崎―甲府戦(等々力)で、Jリーグ史上初めて小型無人機「ドローン」での中継が行われることが6日、分かった。

(中略)

これまでのJリーグ放送はピッチサイドやスタンド上部にあるカメラが主だったが“新兵器”はスタンドよりはるか上空の高さ45メートルから撮影が可能。8日の試合では選手入場時にピッチ上空、試合中はメインスタンドとアウェー側スタンドの上空を移動する。ピッチ全体を収めてフィールドにいる22人全員の動きを捉える一方で、カメラには追尾システムを搭載。特定の選手を追いかけることも可能だ。

[スポーツ報知] Jリーグ史上初のドローン中継!上空45メートルから川崎VS甲府を撮影

 

今期からDAZNがJリーグを配信することになり、試合のカメラの設置台数の増加など様々な変化があり、これもその一環なのでしょうか。DAZNは、もう少し画質がよくなるといいのですが…。

 

このトピックに関連するサッカー記事

[サッカーキング] GKは試合中に何をしているのか? 専用カメラで徹底分析!

[日刊スポーツ] 西川vs林、日本代表対決をNHKがGK専用中継

 

※写真はオランダで行われた試合に導入されたドローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントはまだありません。

コメントを残す